アフターサービス
Home > アフターサービス > 法定点検について

法定点検についてAbout a legal inspection

労働安全衛生規則による3つの車両管理義務

1. 年次検査

年1回の特定自主検査

1年を超えない期間ごとに1回、定期に次の事項について自主検査を行うこと。<第151条の21>

  1. 圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
  2. ディファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
  3. タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
  4. かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
  5. 制動能力、ブレーキ、ドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
  6. フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
  7. 油圧ポンプ、油圧モータ、シリンダ、安全弁その他油圧装置の異常の有無
  8. 電圧、電流その他電気系統の異常の有無
  9. 車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置および計器の異常の有無

2. 月次検査

月1回の定期自主検査

1ヶ月を超えない期間ごとに1回、定期に次の事項について自主検査を行うこと。<第151条の22>

  1. 制動装置、クラッチおよび操縦装置の異常の有無
  2. 荷役装置および油圧装置の異常の有無
  3. ヘッドガードおよびバックレストの異常の有無

3. 始業点検

作業開始前の点検

作業開始前には、次の事項についての点検をすること。<第151条の25>
始業点検の手順はこちら

  1. 制動装置および操縦装置の機能
  2. 荷役装置および油圧装置の機能
  3. 車両の異常の有無
  4. 前照燈、後照燈、方向指示器および警報装置の機能
ページトップへ
Sub_slider01
Sub_slider02
Sub_slider03